着物クリーニング

受け継がれていく想い。キレイに、大切に。

 思い出の着物を着ようと思ったら、汚れが。  ベルなら、着物も自社工場で対応するので、迅速・安心。  シミ・汚れは無料にて見積もりいたします。  お急ぎものなどお気軽に御相談ください。

着物クリーニング

 着物のクリーニングには一般の洋服と異なり、熟練した技を必要とします。当店では経験豊富な代表が全行程を自社で行い、一枚一枚丁寧に仕上げていきますので、安心してお任せ下さい。

着物クリーニングの工程

1.チェック
汚れがないか、丁寧に目で確認していきます。
経験から、どの辺に汚れがあるかがわかりますので、汚れを見落とすことはありません。
kimono1
2.シミ抜き
シミを確認したら、まず何が付いた物かを判別します。
掛け衿にはファンデーションや汗が付きやすく、
左前身ごろなどは、飲食時の食べ物・飲み物が付着していることが多いです。全体のシミを把握したらシミ抜きです。
最初に油成分除去、次にタンパク質除去、次にタンニン質除去いたします。これらの処理をしても取れない場合は、漂白処理いたします。
kimono2
3.下地処理
洗いの前に、掛け衿・袖口(表・裏)・裾などを、ブラシに洗浄液をつけて汚れを落とします。
この作業をしっかりとおこなうことにより着用時の汚れを取り除きます。
kimono3
4.洗い/乾燥
洗いは、洗浄・脱水で着物に負荷がかからないようにネットに一点だけ入れ、色・刺繍・箔などで細かく分類して、専用プログラムにて洗浄・脱水をします。
洗浄・脱水が終わると、マイコン制御の乾燥機にて、時間・温度・ドラムの回転を細かく設定したプログラムにて乾燥いたします。
乾燥は全乾燥ではなく、脱水時のシワを取るために乾燥機を使い、着物専用のハンガーにかけて、室内で約4日間自然乾燥いたします。
kimono4
5.整形
乾燥が終わった着物は、シミなどが残っていないか全体を注意深く見てから、着物専用のアイロン台にて形を整え、裾を固定して肩側から引きます。着物は直線で裁断されたものを和裁にて作られているので、洋服とは違う仕上げ方をします。この作業はアイロンの蒸気で形を整えながら全体のバランスを見ます。一番気をつけなければいけないことは、表生地・裏地が均等になっているかが大切です。意外と裏地がたわんでいることがあります。
kimono5
6.プレス
プレスは、アイロンで微細な押し方にて伸ばします。表生地・裏生地の順で着用時にできた、シワをきれいにしていきます。
刺繍や箔などは、アイロンに専用のカバーを取り付け、刺繍をつぶさないように、箔はキズが付かないように注意しながらアイロンを使います。
kimono6
7.仕上げ
たたみながら、もう一度、シミ・シワがないか確認し、着物の下に台紙を敷きたとう紙に入れます。 お客様にお渡しするまでは専用の箱にて保管いたします。
kimono7
kimono8

着物クリーニング事例

お客様からお預かりしました、七歳の着物。

思い出の着物を娘さんに着させてあげたいと思ったが、 黄変があちこちにあり、お持ちいただきました。

かなりの年数が経っていて数も多く、大きくて、 これは「あまり変わらない」とお客様にご説明 致しましたが、どうしても着させたいとのこと。

お客様の想いにこたえなければならないと、頑張りました。

完全には復元できませんでしたが、なんとか着用する 週末に間に合うように、お渡しすることができました。


Blogより抜粋

自社工場で全行程を社長が作業するから、安心!

復元前の画像
着物 復元前
復元後の画像
着物 復元後
■ご利用料金について  復元加工代・数ヶ所あり 11,000円
 (※あくまでも目安とお考えください)

遠方でも、着物クリーニングが可能に!

安心の料金と、丁寧な対応でご好評をいただいているクリーニングベルの着物クリーニング! この度、遠方の方からのご要望も受け付けることができるように致しました!
クリーニングベルの着物クリーニング2